Image

会社名    

合同会社SHINYUDEN

主な事業内容

ゲームソフト開発・販売・企画

パブリッシングサポート

(ローカライズ、マーケティング)

代表     

ガルシア ルイス

所在地

(本社)

東京都千代田区外神田1-3-12

メインステージ秋葉原駅前1004

(オフィス)

東京都千代田区4-14-1

秋葉原UDX 4階

創業              2013年1月6日

設立      2018年3月5日

資本金   3百万円

事業年度  毎年4月1日から翌年3月31日まで

沿革

2013年2月

個人事業としてSHINYUDENを登録したガルシアは(株)スクウェア・エニックスのファイナルファンタジーシリーズのスペイン語版のローカライズ業務を受け、

SHINYUDENとして参画する(2018月6月現在に至るまで)

2013年9月

ゲームサークル、開発兼研究室を開始する。最初のアプリ、ADVGのTOKYO SUPER NIGHTをリリース。累計ダウンロード数が20万回を突破する。

2014年9月

潜入アクションのアプリ、POLLO’S PAINをリリース。

2016年8月

仕事をサボるシムレーションアプリ、ALT+TABをリリース。

サークルとして夏のコミケで開発したゲームのパッケージ版、SHINYUDEN COLLECTION を販売

2017年5月

冬眠できない熊が魚の形をすしているうるさいパトカーを破壊するゲーム、BAZOOKRASHをPC専用アプリとしてリリース。

2017年9月

海外ゲームの日本語ローカライズ、CEROレーティング、パブリッシングのサポート業務を開業する。

この作品たちがのちほど、IN SHINYUDENという企画でまとめられ、支援する。

2018年3月

合同会社SHINYUDENが設立される。 他社のゲームを国内で販売できるように多数の事業を進行するとともに、ADVGとRPGに特化した自社ブランドの企画が立ち上がる。

2018年6月

パブリッシャーとしての理念に沿ったゲーム、据え置き機とパソコン対応の第一弾、 HEROES TRIALSを発売 (自社開発)。

2018年7月

SHINYUDENの第二弾としてEstudio Abrego開発のNOAHMUNDのPC版と据え置き機版を発売する予定。